カプセルと葉

閉経を挟んだ前後の5年から10年は女性にとっては憂鬱な時期だと言われます。この期間は更年期と呼ばれ、心身共にさまざまな症状があらわれるからです。更年期障害は、人によって症状も異なり比較的軽くて済んだという人もいれば、なかには重症で日常生活もままならないという人までいます。

更年期障害の原因は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが低下することです。卵巣機能というのは40代の半ば頃から衰え始めますが、エストロゲンはこの卵巣から分泌されるホルモンであることをまずは覚えておいてください。

脳の指令というのは視床下部から出されますが、卵巣はいくらエストロゲンを分泌するようにという指令を受けても機能が低下しているため作り出すことが出来ません。そこでホルモン不足を察知した視床下部は、今度は性腺刺激ホルモンを分泌することで不足したエストロゲンを補充しようとします。しかし、これがなかなか上手くいかないため、視床下部はこれをストレスと認識し、視床下部自体の機能が正確に作用しなくなる訳です。この司令部の機能の乱れが身体全体の機能を狂わせるために、更年期障害としてのさまざまな症状を身体にもたらすこととなります。

更年期障害の原因は端的にエストロゲン不足ということが出来ますが、その症状となると本当に人それぞれだと言わざるを得ません。一口に更年期の症状と言っても、精神的な症状もあれば、肉体に出るというものもあります。どちらも放っておくと深刻な状況に陥ってしまうため、注意が必要です。

たとえば精神的なものとして、気分の落ち込みが激しくなったり、これといった理由もないのにイライラが止まらなくなったりということがあります。また、精神不安に陥るという例も決して少なくはありません。なかにはひどい不眠症になってしまったという女性もいて、健康が脅かされる原因に繋がっています。

肉体的なものとして良く知られているもので、ホットフラッシュと言えばその名称を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ホットフラッシュは1日に数回、身体が熱くなり汗をかいたりします。仕事の最中や睡眠の途中でも起こることがあるので、非常に迷惑な症状だと認識されています。また、手足に痺れを感じるようになったり、浮腫んでしまったという声もあります。

その他にもめまいや肩こり、ひどい場合は蕁麻疹が出来るなど、不調という言葉がぴったりと当てはまる不快な症状をたくさん挙げることが出来ます。しかし、人によってはほとんどそういった不快感を覚えず閉経を迎えるという女性もいます。